--> ~ ゆりせ's Diary ~ 2012年10月
黒歴史まとめ
~ ゆりせ's Diary ~
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マリオカートWii交流戦における新戦術 〜ユリセ理論〜
2012-10-21-Sun  CATEGORY: 未分類
こんばんは、ゆりせです

今回マリオカートWii交流戦における新戦術についての説明ということでこの記事を書いて行こうかと思います
ところで僕は最近マリカをやっていないのになぜこんなことを思いついたのかというと他ゲーを通して(特にポケモン)いろんな理論、それぞれのゲームにそれぞれの戦術があることを知り、それのひとつをマリカ流に改変し、自分の考えに沿って編み出しました。
これから述べる私の理論に皆さん賛否両論あると思いますがこういう意見を持つ人もいるということで暖かい心を持って見てくれると嬉しいです。
そしてこれからの私の目標は今から述べるそれを布教し、更に私がいつか復帰してチーム活動を再開した時その理論を持って最強を誇ることです。
ちなみに最強とは、勝つだけが最強ではないのです。
強いことが最強であり、必ずしもそれは勝ちによって証明されるわけではありません。
強いチームと交流戦をし、歯が立たなくて負ける。
負けることは弱いと言うわけではありません、負けてから立ち上がれないことが弱いということなのです。
負けてからいかに次の試合で盲点を修復し、勝ちに繋げるか。
敗北を連続で重ねないことがまた、強さのひとつなのです。
この考えを持った上で最強を目指して行きます。

理論を展開する前にまずは私について説明しようかと思います。
ゆりせは2011-1〜2011-4, 2011-10〜2012-9にかけてマリオカートWiiを廃人プレイしていた者であり、特に2012に入ってからその実力を開花させ、しかし評価されるほどまでは実力が上がらなかった出来損ないです。
なんか悲しくなってきたのでやっぱり私についての説明を省きます。

それでは遅れましたが、ユリセ理論について説明を開始して行きます。

1. ユリセ理論とは、主にポケモンで言うところの役割論理からほとんど来ているものである。
役割論理はニコニコ動画に解説動画があるのでそちらを見る以外ありえないwww

2. ユリセ理論とは、交流戦において"前"と"後ろ"の役割をはっきりさせることに多大な意味を持つ。
前ではその時来たコースで前を走れる人(特にそのコースのランカー、TA速い人)などが役割を持てる。
後ろでは前で役割を持てない人間全員がサンダー、サンダー回避アイテムを持ち、いつでも前が潰れた時のためにサンダーを用い前へ躍り出ることを狙うことによって役割を持てると言える。
3,4人でサンダーを取りに行けば相手のサンダー役も恐れおののき逃げ出すでしょうなwwww
このように"前"と"後ろ"をはっきりさせることに大きな意味を持つ理論である。

3. ユリセ理論において、ショートカットは危険であってもよりハイリスクな方へ行くのが当たり前である。
これは前で役割を果たしている人間は当然後ろを突き離すため、後ろの人間はより前で大人数がサンダーを回避し相手を一気に置き去りにし、1〜4あわよくば1〜6をより確実なものへと近づけることを狙う。
例 : スノボ
1段SC妥協とかありえないwww
2段で一瞬にして追いつかれますぞwwww
例2 : GBAクッパ3
SC阻止とか最早ありえないww
NISCは必然力でどんどん決まりますなwwwww
とにかく相手に走力で抜かれ順位を落とすことは絶対にありえない。
妥協して1つや2つ抜かれるくらいならせめて派手に失敗して6〜7つ一気に順位を落とす。
そうすれば後ろで役割を持つことができる。
このように役割をサイクルさせて行くんですな。

4. ユリセ理論において、サンダーを使う際落としサンダー、大砲サンダーはありえない。
相手に読まれやすいサンダーは逆に相手にペースを握られる可能性があるため絶対に打たない方が得だとする考え。
サンダーをここで回避できたら絶対に上位取れるという場所で一斉にみんなでスター、キラーを使う。
仮にもし味方全員が回避できなかったとしても、サンダーを使った人が上位へ行けば良いため、とにかく相手をできるだけ回避させないようにしなくてはならない。

5. ユリセ理論において戦犯は絶対に作られない。作ろうと思っても作ることが不可能。
Q. それはなぜ?
A. 例えばチームが負けた時、ユリセ理論において存在する唯一神「ユリオ神」のご加護が足りなかったとされ、全ては神のせいとなるから。

6. ユリセ理論における神、ユリオ神を信仰する者を"ユリセスト"と呼ぶ。
これは適当に名付けたので後に変更される予定あり。

7. ユリセ理論における聖域(ユリセ理論が通じる範囲内)ではロジカル語法が多く用いられる。
一人称は"我"、二人称は"汝殿"や"相手殿"、語尾には〜ですなwwww、〜ですぞwwww、〜ありえないwwwwなど。
僕は今回皆にこの記事を見て文法などで不快に思う方が現れないようにできるだけ自重しています。

8. ユリセストは今この記事を書いた時既に2,3名ほど存在する。
※この理論を展開するにあたっていろいろ一緒に考えてもらった身内です。

9. ユリオ神を信仰することによって得られるユリオ神のご加護によりどんなショートカットでも成功率がxx%から100%に変わる必然力を得られる。
僕でさえまだ信仰心が足りていないためクパキャのバグとかは10%くらいの確率でしか成功しないです。

10. この理論を実際に用いて交流戦する際、かなり曖昧になる。
これを全部実現させるのはまだまだ信仰レベルが足りないため、不可能。
ただ目標として頭にいれておくのは当然のことである。

以上を持ってとりあえずユリセ理論の説明を終わる。
不完全なところがまだたくさんあるため、それは実際に復帰してから修復し、改善して行きたい。

ちなみにユリセストはTAや大規模、交流戦で[yS]というタグをつけるが、国内においてそれを使用することはありえない。
基本的にユリセストは正式な僕のチームでなくても[yS]タグをつけても構わないのだが、国内にてユリオ神のご加護を受けてしまうといざという時にご加護を受けることが無くなってしまう可能性があるため、普通はつけない。

それでは長々と見てくださった方ありがとうございました。 ~ yurise
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント5
for foreigners
2012-10-10-Wed  CATEGORY: 未分類

Hey guys

Now, I retired mkw. 
I decided not to play mkw anymore.

So I won't TT, VS, war, and so on.
And you can delete me.

I don't know when I'll return mkw.

I had a very good time with many people (clan members, friends)

Thanks all

~ yurise
トラックバック0 コメント0


Copyright © 2017 ~ ゆりせ's Diary ~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。